Allegro MicroSystems, LLC が自動車グレードの 3.3 V 電源電圧の工場出荷時設定可能リニア IC を発表

高帯域幅アプリケーションに対して低ノイズ、温度が安定したアナログ出力を実現する IC

May 7, 2013

Product Image

 マサチューセッツ州ウースター – Allegro MicroSystems, LLC が、完成したセンサー アセンブリ用デバイスを最適化/プログラムする必要がない、出荷時設定が可能な 2 つの新しいワンタイム プログラマブル (OTP-ROM) リニアを発表しました。Allegro の  A1318 および A1319 デバイスは、3.3 V 電源レール アプリケーション向けです。これらの新しいデバイスは構造上、それぞれ、1.32 ~ 2.64 mV/G と 2.64 ~ 5.94 mV/G の磁気入力感度範囲に対応することができます。ただし、市場に初めて投入された A1318 および A1319 デバイスは、工場出荷時に特定の磁気入力感度レベルにまでプログラミングされています。初回発表デバイスには次のタイプがあります。

  • A1318LLHLX-1-T (感度 1.35 mV/G)
  • A1318LLHLX-2-T (感度 2.5 mV/G)
  • A1319LLHLX-5-T (感度 5.0 mV/G)

感度の温度係数と静止時電圧出力 (QVO) の両方に対する温度過昇が工場出荷時に設定されており、精度を最大化して分散公差を最小化します。A1318 および A1319 は、さまざまな周波数で低出力ノイズ (A1319 の場合、感度 5.0 mV/G で 13 mV (p-p)) と優れた EMI 感受性を提供します。また、これらは高帯域幅アプリケーションの高速リフレッシュ レート (20 KHz) もサポートしています。

A1318 および A1319 は自動車、工業、コンシューマー市場向けで、現在、小型 LH (SOT-23W) 表面実装パッケージで提供されています。



Allegro MicroSystems, LLC は、高性能半導体の開発、製造、マーケティングにおけるリーダーです。Allegro の革新的なソリューションは、自動車などの急成長している分野で広く採用されているほか、オフィス オートメーション、工業、コンシューマー/通信市場でも注目されています。Allegro の本社は米国マサチューセッツ州ウースターにあり、設計、アプリケーション、営業サポートなどの拠点を世界中に展開しています。Allegro の詳細については、www.allegromicro.com をご覧ください。

 


記事に関するお問い合わせ:

Stephanie Fennelly
マーケティング広報担当ディレクター
電話: (508) 854-5363
sfennelly@allegromicro.com
.

Copyright © 2017 Allegro MicroSystems, LLC

サイトマップ  |  個人情報保護に関する方針  |  Web マスターへのお問い合わせ

Follow us on: LinkedIn YouTube Google+ Follow Allegro on Twitter