Allegro MicroSystems, LLC が新しい 10 チャネル LED 自動車用ドライバを発表

I²C インターフェイスによる個別制御チャネル

July 16, 2013

Product Image

マサチューセッツ州ウースター – Allegro MicroSystems, LLC が、LCD バックライト、計器群、日中走行用ライト向けの新しいプログラマブル多出力 LED ドライバを発表しました。Allegro の ™ A8517 には、電流モード昇圧コンバータ、内部電源スイッチ、および 10 個の I²C プログラマブル電流シンクが組み込まれており、コントラスト比 5,000:1 の PWM 調光 (200 Hz) を実現できます。この IC は 4.5 ~ 36 V で動作し、車載システムで発生する 40 V の負荷遮断状態に耐えることができます。

I²C インターフェイスにより、ユーザーは、LED チャネルあたり最大 60 mA までの LED 電流を個別に設定できます。隣接するチャネルを組み合わせて高電流 LED ストリングを駆動することができます。PWM 調光デューティ サイクルも、LED チャネルごとに個別に制御することができます。各チャネルは必要に応じて有効/無効にできます。このような柔軟性により、A8517 は、広範な LED アプリケーションに適した数少ないソリューションとなっており、場合によっては、2 つ以上の LED ドライバ IC を単一のデバイスと置き替えることができます。

A8517 は、出力ショートおよび過電圧、オープンまたはショートしたダイオード、オープンまたはショートした LED ピン、ショートした昇圧スイッチまたはインダクタ、IC 温度過昇から保護します。二重のサイクル単位の電流制限が、内部スイッチをスイッチ過電流から保護します。A8157 は、必要に応じて、内蔵の電流感知回路でトリガーされる入力切断スイッチとして P-FET を駆動することができます。A8517KLPTR-T は 28 ピン eTSSOP パッケージで提供されています。



Allegro MicroSystems, LLC は、高性能半導体の開発、製造、マーケティングにおけるリーダーです。Allegro の革新的なソリューションは、自動車などの急成長している分野で広く採用されているほか、オフィス オートメーション、工業、コンシューマー/通信市場でも注目されています。Allegro の本社は米国マサチューセッツ州ウースターにあり、設計、アプリケーション、営業サポートなどの拠点を世界中に展開しています。Allegro の詳細については、www.allegromicro.com をご覧ください。

 


記事に関するお問い合わせ:

Stephanie Fennelly
マーケティング広報担当ディレクター
電話: (508) 854-5363
sfennelly@allegromicro.com
.

Copyright © 2017 Allegro MicroSystems, LLC

サイトマップ  |  個人情報保護に関する方針  |  Web マスターへのお問い合わせ

Follow us on: LinkedIn YouTube Google+ Follow Allegro on Twitter