Allegro MicroSystems, LLC が既存のポートフォリオに高精度電流センサー IC を追加

熱的に強化された完全一体型、ホール効果ベースの高精度リニア電流センサー IC

October 29, 2013

Product Image

マサチューセッツ州ウースター – Allegro MicroSystems, LLC は、既存のポートフォリオに、熱的に強化された完全一体型、ホール効果ベースの高精度リニア電流センサー IC を追加したことを発表しました。Allegro の  ACS770 デバイスは、ダイ表面近くに銅伝導路を備えた正確で低オフセットのリニア ホール センサー回路で構成されています。この銅伝導経路を電流が流れると磁場が生じ、ホール IC により比例電圧に変換されます。この新しいデバイスは、自動車、工業、および再生可能エネルギー市場向けです。

デバイスの精度は、磁気信号がホール トランスデューサに近接することにより最適化されます。高精度の比例出力電圧は、低オフセットのチョッパ安定化 BiCMOS ホール IC によって提供されますが、これは、工場出荷時に設定および較正され、精度が確保されています。特許取得済みのデジタル温度補償テクノロジが、アナログ出力の高帯域幅動作を低下させることなく IC の精度と温度安定性を大幅に向上させます。

ハイサイド、高電圧アプリケーションの出力電圧リップルおよびオフセット ドリフトを低減する Allegro 独自の統合シールド テクノロジにより、電流導体 dV/dt および浮遊電場の影響を受けません。電流のサンプリングに使用する経路である一次銅伝導路 (端子 4 から端子 5 へ) を流れる電流が増えると、デバイスの出力は右上がり (>VCC/2) になります。この伝導路の内部抵抗は標準値が 100 μΩ で、低い電力損失が実現します。銅伝導体の厚みにより、デバイスは高過電流状態に耐えることができます。伝導路の端子は、信号用リード (ピン 1 ~ 3) とは電気的に絶縁されています。これにより、センサー IC の ACS770 シリーズは、光遮断器などの高額な絶縁技術を使用しなくても電気絶縁を必要とする用途に使用できます。

ACS770 シリーズは鉛フリーです。リード線はすべて 100% 曇り錫でめっき加工されており、パッケージ内に鉛は使用されていません。ヘビー ゲージ リードフレームは無酸素銅で作られています。ACS770 は 5 ピン パッケージで提供されています (末尾は CB)。



Allegro MicroSystems, LLC は、高性能半導体の開発、製造、マーケティングにおけるリーダーです。Allegro の革新的なソリューションは、自動車などの急成長している分野で広く採用されているほか、オフィス オートメーション、工業、コンシューマー/通信市場でも注目されています。Allegro の本社は米国マサチューセッツ州ウースターにあり、設計、アプリケーション、営業サポートなどの拠点を世界中に展開しています。Allegro の詳細については、www.allegromicro.com をご覧ください。

 


記事に関するお問い合わせ:

Stephanie Fennelly
マーケティング広報担当ディレクター
電話: (508) 854-5363
sfennelly@allegromicro.com
.

Copyright © 2017 Allegro MicroSystems, LLC

サイトマップ  |  個人情報保護に関する方針  |  Web マスターへのお問い合わせ

Follow us on: LinkedIn YouTube Google+ Follow Allegro on Twitter