パワートレイン

従来型のパワートレインは内燃エンジンとトランスミッションのペアで構成されています。デュアル オーバーヘッド カムシャフト (DOHC) 、可変バルブ タイミング (VVT)、アイドリング ストップ、高いギア比のオートマティックトランスミッション、連続可変トランスミッション (CVT)、およびダブルクラッチ トランスミッション (DCT) などの技術の高度化と採用により、このシステムはこの 10 年で、効率向上の面で大きく進歩しました。燃料消費と二酸化炭素排出量の削減に対する車載業界の継続的な追求により、これらのプラットフォームをサポートするために必要なセンサー システムに多くの技術課題があることが分かってきました。Allegro のセンサー IC は、これらの技術に対する市場の動向を牽引してきました。
  • DOHCやVVT エンジンでは、エンジンを素早く起動させるために高精度な TPOS カム センサー IC が必要です。
  • アイドリング / ストップ エンジンでは、クランクシャフトの絶対回転位置情報を得るためには、速度または温度の変化に影響されずに、方向変化を検出することができるクランクシャフト センサー IC が必要です。さらに、車の機能を有効にするためのニュートラルギア検出センサー IC も必要です。
  • トランスミッションの進化は、中間域ギアスピードと速度検出のためスピードセンサーが必要となってきています、また方向検知センサーはトランスミッションの出力を検知し、ヒルホールドのような他のテクノロジーを可能にします。

 

 

.

Copyright © 2017 Allegro MicroSystems, LLC

サイトマップ  |  個人情報保護に関する方針  |  Web マスターへのお問い合わせ

Follow us on: LinkedIn YouTube Google+ Follow Allegro on Twitter