シートベルト

シートベルトバックルは、通常、プレート遮断方式のセンサーを使用して、バックルのラッチを判断します。バックルのホルダー内には、磁石とユニポーラホール効果スイッチがあります。ラッチ位置の場合、バックル自体の金属材料がセンサー要素までの磁場の経路を遮断し、その結果装置をオンに切り替え、エアバッグ システムにバックルがラッチされていることを伝えます。

また、シートベルトバックル システムでは一般的に 2 線式のユニポーラホール効果センサー IC も使用します。これは、これらのセンサーでは動作用のワイヤが 1 本少なく、特有の診断を行うことができるためです (出力電流は 2 つの狭い範囲のいずれかになり、その他の値の場合は、ショート、オープンまたはその他の故障タイプであることを示します)。

クリックして製品を表示する クリックして製品を表示する クリックして製品を表示する クリックして製品を表示する

.

Copyright © 2017 Allegro MicroSystems, LLC

サイトマップ  |  個人情報保護に関する方針  |  Web マスターへのお問い合わせ

Follow us on: LinkedIn YouTube Google+ Follow Allegro on Twitter