デュアル ホール効果 ラッチ

デュアル ホール効果 ラッチは 2 つの独立したホール効果スイッチを持つ集積回路です。デジタル出力は位相が一致しないため、適切なリング磁石設計 (交流極リング磁石) と接続すると出力は直交位相になります。

これらの直交信号を用いてターゲットの速度と方向を決定できます。また A1232A1233 は信号を内部処理して速度信号と方向信号を出力できます。画期的なA1262 は垂直と水平方向のホール効果の組み合わせにより、2次元 (2D)での検出を磁気極のピッチに独立してほぼ理想的な直行信号を提供します。これにより、小型かつ簡素化をシステム設計に組み込めます。

超低ドリフト アンプにより、スイッチ間の対称性が確保され、信号の直交位相を維持します。Allegro の高周波チョッパ安定化法は各チャネルのオフセットを相殺し、指定された温度および電圧範囲全般で安定した動作を実現し、高性能モータ コミュテーションに欠かせない業界トップのデジタル出力ジッター性能を実現します。

 


次のデュアル エレメント スイッチは製造中止となりました: A3423

.

Copyright © 2017 Allegro MicroSystems, LLC

サイトマップ  |  個人情報保護に関する方針  |  Web マスターへのお問い合わせ

Follow us on: LinkedIn YouTube Google+ Follow Allegro on Twitter