特殊用途向けデバイス

Magnetic Digital Position Sensor Montage (hall effect sensor, hall sensor, hall effect current sensor)

このセクションは特に或る用途に対応したアプリケーション向けに開発した製品を記載します。  貴社のデザインにはこれらの製品の内どれが一番の選択なのかを確認する様に、地域のFAEに相談して下さい。

継続時間のデバイスは一般にチョッパー安定化の技法に置き換えられております。  しかし、幾つかの特殊用途向けアプリケーションにおいては継続時間スイッチやラッチが適切な事があります:

  • 電源をオンしたりオフしたりする事によりパワーマネージメントを行う、継続時間素子が素早くウェイクアップする場合の様なセンサーを用いたアプリケーション。
  • 多重な位相のチョッピングを行う事でジッタを生成しないが為、絶対的に小さいジッタや最高の繰り返し精度を要求されるハイスピード アプリケーション

Allegro はホール効果ラッチの分野で市場のリーダーで、ほとんどのアプリケーションの要求でお望みの磁気スイッチポイントをカバーする広範囲な感度のラッチ製品を持っています。

或る種類のラッチ製品 (A1225, A1227, A1229) は車載の過酷な過渡状態で、シリーズ制限抵抗無しで二重のバッテリーや40Vの負荷ダンプを含め、外付け部品が不要で過渡状態からのダメージを防止し生き残れる様に設計されています。 一般には、我々の 主流のラッチ製品 は全ての新しい設計に推奨されますが、以下の製品は過酷な環境かつ、或いは又外付け部品の使用が許されないケースに適しているかもしれません。

 

 

 

以下のホール効果ラッチとバイポーラ スイッチは製造中止となりました:

A3230

.

Copyright © 2017 Allegro MicroSystems, LLC

サイトマップ  |  個人情報保護に関する方針  |  Web マスターへのお問い合わせ

Follow us on: LinkedIn YouTube Google+ Follow Allegro on Twitter