ハイサイド ドライバ & ローサイド ドライバ

ハイサイド ドライバとローサイド ドライバを駆動するためのパワー IC現在でも電子システムの多くには、ソレノイド、リレー、モータなど何らかの機械式アクチュエータが搭載されています。 通常、このようなシステムには、低電圧ロジック レベルの通信を通じてさまざまなシステム アクチュエータにコマンドを伝えるインテリジェント コントローラが搭載されています。 この通信はシンプルな並列通信で行うことができます。 複雑なシステムでは、シリアル並列インターフェイス (SPI) など、多くのシリアル通信プロトコルの中から使用されることもあります。 

ほとんどのアクチュエータは低電圧信号に直接応答することができません。ドライバ IC は、入力としてこれらの低電圧制御を得て、そのデジタル コマンドをアナログ電圧に変換してアクチュエータを駆動する必要があります。

Allegro はこれらのドライバ IC が動作するパワーインターフェイスの役割に特化しています。これらの IC は 60 V までの電圧で評価されており、オートモーティブ対応の温度範囲と診断機能が含まれることもあります。

Allegroが提供するソレノイド、リレーやモーターのアクチュエーター向け ハイサイド ドライバ & ローサイド ドライバ、リレー ドライバの選択ガイド:

 

注記:末尾の "K" は自動車グレードの製品 (AEC-Q100 認定) を意味します。

.

Copyright © 2017 Allegro MicroSystems, LLC

サイトマップ  |  個人情報保護に関する方針  |  Web マスターへのお問い合わせ

Follow us on: LinkedIn YouTube Google+ Follow Allegro on Twitter