シートベルト

シートベルトセンサー

 

シートベルトバックルには通常ベーンインタラプトスタイルの検知を用いていつバックルがラッチされたかを決定します。これには、バックルホルダー内に磁石と、ユニポーラーのホール効果スイッチを用います。ラッチされた位置では、バックル自身の鉄製部品がセンサー素子への磁界の経路を遮断してデバイスをオンに切替え、バックルが入っていること(ラッチされている)ことをエアバッグシステムに知らせます。

シートベルトバックルシステムには2線式のユニポーラーホール効果センサーICも良く用いられ、この動作には電線の数が1本すくなくてすみ、また診断機能が自然にそなわっっているという利点があります(出力電流は2つの狭い範囲のどちらかに入っておらねばならず、その他の値は短絡、開放、その他の障害を示します)。 

 

 

 

 

 

 

クリックして製品を表示する クリックして製品を表示する クリックして製品を表示する クリックして製品を表示する

.

Copyright © 2018 Allegro MicroSystems, LLC

サイトマップ  |  個人情報保護に関する方針  |  Web マスターへのお問い合わせ

Follow us on: LinkedIn YouTube Google+ Follow Allegro on Twitter