A4919:三相MOSFETドライバー、レギュレーター内蔵

Description

AMT4919はNチャネルの外付けパワーMOSFETを用いる三相コントローラーです。

独自のチャージポンプレギュレーターの採用で、最低バッテリー電圧7Vで完全な(10V超)ゲートドライブが可能で、A4919は最低電圧5.5Vでゲートドライブ動作ができます。NチャネルMOSFETに必要な上記のバッテリー電源電圧には、ブートストラップコンデンサーを使用します。

三相ブリッジの6つの各パワーMOSFETに対してひとつのロジックレベル入力が与えられ、このため外部コントローラーで決まるどのような整流スキームのモーターでも駆動できます。内蔵のクロスオーバーコントロールがパワーMOSFETをクロス コンダクションから保護します。モーターの相の電源、接地への短絡検出は、各FETに独立したドレイン・ソース電圧モニターで行います。短絡障害、電源電圧低下、チップの過熱については、単一のオープンドレインフォールト出力から信号を出します。

製品により、5.0Vまたは3.3Vを外部回路に供給する低ドロップアウト(LDO)のレギュレーターを内蔵しています。5.0V出力の製品は部品番号末尾に「-5」が、3.3V出力のものは末尾に「-3」が付いています。

A4919は28ピンのTSSOPパワーパッケージに露出したサーマルパッドが付いたもの(パッケージタイプLP)で提供しており、28ピンのQFNに露出したサーマルパッドが付いたもの(パッケージタイプET)は2018年3月に出荷開始します。両パッケージは鉛フリーで、リードフレームは100%無光沢スズメッキ加工されています(末尾はT)。

Top Features

  • 高電流三相NチャネルMOSFET用ゲートドライブ
  • 各MOSFETに個別の入力/コントロール
  • 電源電圧範囲5.5~50V
  • オプションのロジック用安定化電源電圧出力(3Vと5V)
  • モーターの相の電源、接地への短絡検出
  • 電圧低下、過熱モニター
  • クロス コンダクション保護
  • 低電流のスリープ モード

Part Number Specifications and Availability

Part Number Package Type Temperature RoHS
Compliant
Part Composition /
RoHS Data
Comments Samples Check Stock
A4919GETTR-3-T 28-lead QFN -40°C to 105°C Yes View Data Contact your
local sales rep
Check
Distributor Stock
A4919GETTR-5-T 28-lead QFN -40°C to 105°C Yes View Data Contact your
local sales rep
Check
Distributor Stock
A4919GETTR-T 28-lead QFN -40°C to 105°C Yes View Data Contact your
local sales rep
Check
Distributor Stock
A4919GLPTR-3-T 28-lead TSSOP -40°C to 105°C Yes View Data Contact your
local sales rep
Check
Distributor Stock
A4919GLPTR-5-T 28-lead TSSOP -40°C to 105°C Yes View Data Contact your
local sales rep
Check
Distributor Stock
A4919GLPTR-T 28-lead TSSOP -40°C to 105°C Yes View Data Contact your
local sales rep
Check
Distributor Stock

Allegro 製品が生命維持装置やシステムの故障の原因となることが予期できる場合、または安全性や有効性に影響を及ぼすことが予想できる場合、そのような生命維持装置やシステムに Allegro 製品はご使用いただけません。

Packaging

A4919 Packages