鉛フリーおよび RoHS 適合電子デバイスに対する製品ロードマップ:規制への適合、技術的、環境目標に対するビジネス課題

環境目標を達成するための Allegro 声明

Allegro® MicroSystems, LLC は、鉛フリー、EU の RoHS 指令、および市場に適用されるその他の標準などの環境コンプライアンス標準に適合する製品を求める顧客からの要件を満たすように尽力しています。自然環境を保護し保全する当社の取り組みの結果、2000 年に鉛フリーめっき加工製品を供給する能力を確立し、そして、これらの標準に適応するための新しいアプローチと能力を開発する面において業界をリードし続けています。

これらの総合的なタスクを達成するため、Allegro は組織全体から選抜したチームを結成しました。このチームのタスクは、規制の目標と要件、鉛フリー電子部品生産での最新技術、およびそれをタイムリーで効果的に実装するための最良の方法を理解して研究することです。鉛フリー デバイスを求める顧客の要件を特定し応えるための手順が策定されました。

また Allegro は、産業界と技術がこれらの新しい標準を達成する方向に移行しつつある中で、当社の製品と工程を細かく分析し、従来のデバイスと鉛フリー デバイスの両方について顧客の要求に応えられるようにするプロセスを追求しています。当社の転換は、パッケージ タイプ別、デバイス タイプ別、および顧客のニーズ別に、フェーズを区切って進行しています。このフェーズを区切ったアプローチにより、鉛フリー製品に対するニーズをその成長に応じて提供しながら、現在ニーズの高いものには確立された従来の技術で対応することができます。

これらの新たなニーズに対応するために、Allegro は、社内のリソースと、規制物質に対する標準を満たす材料と部品を提供できる能力のある主要サプライヤーの社外のパートナーを組み合わせる方法を開発しました。サンプル量と量産の生産量の両方がこの方法で処理され、顧客の設計と製造リードタイムをサポートします。

2000 年以来、Allegro の鉛フリー製品はさまざまな市場と分野で販売されています。グリーン テクノロジの開発と普及への長期の投資は、現在、RoHS 指令により消費者と企業のニーズが喚起されるととともに、Allegro への利益になり始めています。Allegro では、RoHS に対応するグリーン製品に関する引き合いが急速に増えています。このグリーン市場は、絶対量と、全電子部品市場での割合の両方において、急速に成長し続けると見込まれています。

Allegro は、鉛フリーの電子部品とアセンブリをサポートするために必要な、工程改善の世界規模の開発と実装における業界のリーダーであり続けています。2000 年に鉛フリー デバイスの量産出荷を開始して以来、Allegro は鉛フリー デバイスを確実に納品するための工程と手順について豊富な経験を持っています。新しい規制類の公開討論は、Allegro がこれらの変更の重要性をパートナーに伝え、グリーン製品をパートナーと共同開発することに役立っています。これらの不可欠で可能性のある技術は、サプライ チェーンの多くの企業が RoHS 実施期間を超えて取り組むため、発展し続けます。

Allegro MicroSystems は、鉛フリー技術とグリーン テクノロジの開発と採用におけるリーダーであると自らを規定しています。さらに、Allegro の十分に確立された商業慣行は、詳細なパッケージと市場要件に完全に適合する能力があります。

 

鉛フリーめっき加工製品の提供に関する Allegro の期待:

 

• 量産用の 100% 曇り錫めっき加工仕様はケースバイケースで開発されます。特定のデバイスとパッケージの組み合わせは、緊急納品には対応できません

• Allegro は鉛フリー仕様の顧客の要求には対応しますが、特定のデバイスとパッケージの組み合わせに対して、Allegro はその自由裁量により、鉛フリー仕様を生産しない決定をする場合があります

• Allegro は、社内施設と認定済み下請業者との間で、鉛フリー仕様の生産を調整します

• 一部の Allegro 製品はサイズが極端に小さいため、鉛フリー識別用の判読可能なマークを付けられない場合があります

• 個々のデバイスの種類と工程の要求によっては、特殊なパッケージと処理が必要な場合があります

• グリーン成形材料の使用が必要になる場合があります

• 鉛フリーはんだ付けでは大きな熱伝導が必要になるため、鉛フリー仕様では MSL ディレーティングが一般的です

• 処理コストが増加するため、製品の鉛フリー仕様に追加料金を適用する場合があります

Allegro は進化するグリーン規制要件を満たす良い状況にあると確信し、自然環境の影響を受けやすい、高品質で信頼性の高い電子デバイスを求めるすべての顧客の要求をサポートしてまいります。

(参考資料 Pub26015)