A4963: センサレス BLDCモータ コントローラー

Description

A4963は、3相センサレス ブラシレス DCモータ コントロールFETドライバで、PチャネルとNチャネルパワーMOSFET駆動を行なう様に設計された物です。

A4963は、電子コントローラ装置 (ECU)と直接通信ができるスタンドアローンのコントローラとして使用することも、ローカルのコントローラー(MCU)とともにシステムを構成することも可能です。

モータの逆起電力(bemf)を監視することにより、個別の位置センサーを必要とすることなく、3相間のフェーズコミュテーションが決定され、ブロックコミュテーション(台形波駆動)によりモータは駆動されます。このセンサレス起動手法は、さまざまな種類のモータと負荷の組み合わせ動作を可能とします。

専用回路により、電源電圧とモータの能力にもよりますが、100rpm以下から30,000rpmを超える広範囲のモータ速度に対応が可能です。

デューティサイクル(電圧)制御、電流(トルク制限)制御やクローズドループ速度制御などいくつかの動作モードがあります。動作モードや制御パラメータはSPI互換のシリアルインターフェイス経由で変えることができます。

モータの動作はプログラム可能なPWM入力によって制御されます。このPWM入力はモータの動作状態を規定し、かつ設定された動作モードに比例した入力信号となります。

搭載されている診断機能により、低電圧、温度上昇やパワーブリッジの故障通知が送出示され、パワースイッチを短絡から保護できます。故障通知はオープンドレイン出力で、PWM入力をLowに設定することも可能です。

A4963は、放熱パッド付き小型の20ピンTSSOPパッケージで提供されます。

Top Features

  • 3相センサレスBLDCモータコントロールFETドライバ
  • ロジックレベルP/N-ch ゲートドライブ (P high-side, N low-side)
  • 4.2V ~ 50Vの広範囲な電源電圧
  • トルクを最大化できるシンプルなブロックコミュテーション
  • センサレス(逆起電力監視) 起動とコミュテーション
  • プログラマブルな動作モード:
    • 速度制御モード
    • PWMデューティサイクル制御モード
    • 電流制御モード
  • 貫通防止機能
  • 広範囲な速度制御機能
  • ピーク電流制御
  • 低周波PWM制御入力
  • オープンドレインでの故障表示
  • SPIと互換性のあるインターフェイス:
    • コンフィギュレーションとコントロール
    • プログラム可能なデッドタイム
    • プログラム可能な相の進み度
    • 仔細な診断レポート機能

Packaging

Package

Design Support Tools

デザイン サポート ツール